自社ショールーム

  1. >
  2. > 4KBSをみるには

施工例

取扱い商品

ECLIPSE パートナーシップ

Eclipse パートナーシップ

Yamaha オーディオ・プレミアムショップ

Integra インストーラー認定書

Integra インストール 認定書

ホームオートメーション システム設計

クレストロン社のオートメーションプログラム認定書

デジタルAVネットワーク

クレストロン社のDM認定書

(米国)Crestronに紹介されました

12月1日より4KBS放送はじまる

これまでにない高画質で魅力的な4KBS放送が始まります。
放送は12月1日からスタート

当社では放送に合わせて、視聴環境を整えました。都城ショールームでは、常時4KBS放送をご体験頂けます。

視聴体験からシステム設計まで、詳しい担当者がご相談を承ります。ぜひ、お越しください。

これまでの放送は見られなくなる?

地上デジタル放送(地デジ)や従来からあるBS放送はこれまで同様視聴可能です。

また、現時点で地デジやこれまでのBS放送は4K/8K放送化の予定はありません。今回の4KBS放送は、従来の放送に加え、新たに4K/8Kの専門チャンネルが加わります。

4KBS放送をみるには...

必要な機材

  • 4K放送に対応したBSアンテナ
  • チューナー(受信機)
  • 4Kテレビまたは4Kプロジェクター

4KBSのシステム参考図

右旋と左旋

右旋・左旋とは、放送用人工衛星から飛んでいる電波の名前です。右回転の電波を右旋円偏波(右旋)、左回転の電波を左旋円偏波(左旋)といいます。これからの電波をBSパラボナアンテナで受信するわけですが、従来は右旋の電波のみの送信が行われていました。今回、4KBS放送開始にあたりチャンネル数が増えるため、左旋が新たに導入されました。

これまでの既存のBSパラボナアンテナでは、右旋の電波しか受信できないため、左旋を利用するチャンネルを視聴するには新しく右旋、左旋に対応したアンテナの設備が必要になります。また、分配器や分波器なども左旋に対応する必要があるため、これらの接続機器も交換になる場合があります。

従来のBSパラボナアンテナ(右旋)で視聴可能な4KBS放送と、4K8K対応BSパラボナアンテナ(右旋+左旋)で視聴可能な4KBS放送は図のとおりです。

4KBSの相談は当社にお任せください!

4KBSを視聴するためには、4K TVや4Kプロジェクター、また4KBSに対応したチューナーなど基本的な機器が必要です。また、ご視聴したいチャンネルに合わせて機器の選定やBSパラボナアンテナの交換、配線の見直しや接続機器の交換など専門的な知識が必要となります。当社では専門のスタッフが丁寧にご対応いたしますので、安心してご相談ください。